一般の仕事の求人の少なさに比べて東京では看護師の求人はずば抜けて多いのです

東京で看護師の求人がこれだけ多いのにはいろいろな要因があるのです。
看護師の求人は東京だけではなくどこの地域でも多くなっていて、2007年に看護の質をあげるために看護師基準が出来たことが看護師の求人を増やしたことになるのです。
看護師基準は看護師を7:1の割合で置かなければいけないというもので、そのため病院側は看護師の数を増やす必要が出てきたのです。
看護師の数はそれ以前も少ない状況にあって、そのせいでどんどん看護師の求人は多くなっているのです。
看護師は東京を含めて全国で年間3万人も誕生すると言われていますが、そればかりでは看護師の数を補えないのが現状で、どのようにして看護師の数を確保するかがこれからの日本の医療現場の大きな課題になっているのです。